FC2ブログ

BS受信奮戦記

BS01

先日、腰の痛みの原因にもなったテレビの入れ替えで、我が家のテレビは
すべてデジタル化されました。
暫くは綺麗な画像に見とれていたのですが、人間欲が出てくる物で突然BS
が見たくなりました。
だって最近のNHKの番組って面白そうな番組は全部BSなんだもん!。
かみさんも同じ意見で、「BSが見たい」としきりに言い始めたので、何とか受
信が出来るよう考えてみました。
当初は面倒なのでケーブルテレビも考えたのですが、初期費用とランニング
コストがバカにならない、勿体ないので自分でアンテナをあげることにしました。

最初今上がっているアンテナポールにパラボラを取付、合波して部屋まで持っ
て来ようと思ったのですが、そうするとケーブルも壁のターミナルもすべて通電
タイプに取り替えなければならないので、別個に上げることにしました。
幸い我が家の南西の方角は全く開けていて受信には最高の環境(TOPの写真)
アンテナは色々調べた結果、DXアンテナのBC451Kに決定、これはアンテナ、工
具、取付台、ケーブル、それにレベルインジケーターまでついてお買い得、特に
何故か全国的にコメリが一番安いので、早速鯖江のコメリへ出かけました。
もう一つ、アンテナ線の引き込みも問題でしたが世の中には便利な物があるんで
すね、隙間ケーブルという物!、厚さ僅か1mm強で壁に穴を空ける必要が無くサッ
シュに取り付けてケーブルを引き込むことが出来、雨も全く心配ありません。

BS02

ケーブルを引き込んだ後、受信調整もレベルチェッカーがあるので全く簡単、ほんの
5分程度で完了、無事BSを見ることが出来るようになりました。
でも問題はこれからです、下のテレビにケーブルを繋がなくてはなりません。
最初は簡単に考えていて、二階のアンテナコンセントから下のアンテナコンセントへ
ケーブルを入れて、それぞれF型コネクターで繋げばOKだと思っていたのですが
ケーブルが梁の穴の中を通っていてもう1本のケーブルの入り余地がありません。
散々考えたあげく二階の床にドリルで穴を空けてケーブルを下ろすことにしました。
でも大変だったのはこれから、ケーブルを目的の位置に下ろそうと思っても、柔らか
く巻癖のついたケーブルは中々上手く目的の位置に下りてくれません。
ここまで来たら止めるわけにも行かず、遂に天井裏の一部を破って狭い天井裏を
埃まみれになってはいずり回りやっとの事で何とか下ろすことが出来ました、本当
にダイエットして置いて良かったぁ~!。
その後色々な難関を乗り越えて無事したのテレビにもケーブルが繋がり、無事BSを
受信できました。

BS04
こちらはちゃんとコンセントから取り出せました、上がBS下が地デジです。

ホッとしてシャワーを浴びてもう一度下のテレビでBSを見ようとすると・・・、
アンテナに問題があるというメッセージで受信できません。
色々調べた結果、BSアンテナへの電力供給を上のテレビからだけ行えば大丈夫
だと思い、分配器を1端子通電型にしたことが間違いでした。
アンテナへの給電はテレビを消しても行われている物だと思っていたのですが
最近のテレビは、待機状態になると通電を行わないようです。
それに二台同時に給電すると過給電になると思っていたのです。
でもこれは分配器は端子が並列接続なので、過給電の心配は要らなかったのです。
仕方がないので、本日また全端子通電型の分配器を買いに行ったのですが、ここで
またまた、問題が発生するところでした。
100満ボルトへ行き、BSを二台に分けて将来レコーダーも必要なのだが、その場合
二分割用で良いのか、三分割用にしなければならないか聞いたところ、店員さんは
その時はレコーダーにアンテナを繋ぎ、そこからテレビに繋げばよいので、二分割用
の方がよい、その方が減衰も少ないですよとのことだったので、疑問に思いながらも
それを買って帰宅・・、途中どう考えてもレコーダー→テレビと繋ぐとスイッチを
入れたとき直列に給電器が並ぶのでこれこそ過給電になるのではと思い始め、もう
一度店に戻ってベテランそうな売り場の人に聞いてみたら、やはり僕の疑問の方が
正解だったようで、二分割用を返品して三分割用を買ってきました。
このまま使っていたら、レコーダーを買ったときまたまた余分な出費になるところで
した。

BS03
無事取付の終わった全端子通電型の分配器、レコーダー用に1個取ってあります

久しぶりに自分でアンテナを上げてみましたが、いや解らないことだらけ、本当に
悪戦苦闘の数日間でした。
でも今は無事二台のテレビが自由にちゃんとBSを受信しています。

BS05

それにしても購入して使わなかった部品が少々、
BS06

勿体ないですねこれでもかなりの金額、少々高くついた授業料でしたがそれでもケーブルに
するよりずっと安く済んだので、まあ良しとしましょう。
スポンサーサイト