スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原子力政策って

昨日に続きDendrodiumさんのブログからです。狂犬病ポチが始めた、国家威信のための原子力政策

このブログは「原発と日本の未来」(吉岡斉著)の紹介になっています。
これを読んで早速会社の帰りに本屋へ寄って探してみましたが、欠品になっていました。
出版社は岩波書店、岩波ブックレットシリーズの中の1冊で、厚さにしてほんの数ミリ読むにはそんなに時間のかからない本のようです。
著者は吉岡斉(よしおかひとし)氏、富山県出身の現職の九州大学副学長でこの本が出版されたのが今年の2月なので原発について一応反対しない立場で書かれているとのことです。
その中で、なぜコスト計算をすれば採算が合わない原子力発電を電力会社にお願いしてやって貰っているのか、なぜ原発に国の強力な支援と保護があるか、なぜウラン燃料の何十倍も高く危険なプルトニウムを使ったMOX燃料を使ったプルサーマルをやるのか、なぜ巨額の費用をかけて青森県に六ヶ所核燃料再処理工場を造るのかと言うことが書いてあるとのこと。
その理由とは、機微核技術(軍事転用の観点から危険な技術)を開発利用する権益を日本が保持し続ける為であると言うではないか。
世界で唯一の核被爆国の日本が原子力の軍用技術の権益を保持するために原子力政策をやって来たとは信じたくもない話である。
僕は残念ながらこの本をまだ読んでいないがもしこれが本当のことなら、国(現在は民主党)と自由民主党(長年原子力政策を推し進めてきた張本人)は国民に向かって原子力発電所はクリーンで安全な発電と言ってきたが、実は原子力爆弾を作る技術の権益を保持するためだったときちんと説明する必要があるだろう。
その説明を聞いた上で国民は反対するなり、それでも原発は必要だと賛成するなりはっきり意見を言う時期が来たのでは無いだろうか?。

こんな事をきくと東京電力が賠償額の上限求めるなんて記事が出てくるのもうなずける。
でも今回の東京電力の賠償額の上限を認め、不足分を国民の税金で払うようなことは決して許されないことだと思う。
その様な事例を作ってしまうと電力会社は今回の事故も他人事のように思い、安全に対する投資をただのポーズにしてしまうかも知れない。
やはり東京電力には賠償額の上限などもうけず徹底的に賠償させて、他の電力会社にも明日は我が身と思わせることが必要だろう。
スポンサーサイト

東電救済だって(怒)

どうやら国はどうしてもあの東京電力を救済したいらしい。

Dendrodiumさんのブログより 東電株主を守ろうとする政府

このような原子力大事故を起こした東京電力を、怒っている国民全員から無理矢理金を出させ救済するだなんてそんな事国民が許すとでも思っているのだろうか。
きっと残高が5兆円もある東京電力社債をしこたま持っている経済界からの圧力がもの凄いのだろうが、国はこの期に及んでもそんな一部の意見しか聞く耳を持たないのだろうか?。
これでは、福島第一発電所の事故で家も土地も農地もままならなくなり、なんの罪もない家畜たちを殺処分にされ、自宅に戻るとすると罰金まで取られる事になった住民達の怒りはどこに持って行けばよいのだろう。(勿論この人達も東電救済費用を負担しなければならない)

河野太郎さんも書いておられます
河野太郎さんのブログ  救済されるべきは東電ではない
全くその通りだと思う、こんなおかしな話はない。
もしこのままこんな話が進んでいって決定などしてしまったら、もう誰も国なんか信じなくなってしまうだろう。
どうかそんなふうにはならないで欲しい、この国にほんの少しでも良心が残っていてくれますように。

同じく河野太郎さんのブログよりこんな方法もあるそうです。
声を上げますか、それとも泣き寝入りですか

僕は声を上げたい!。

原子力発電所

今年は春が来ても桜が咲いてもいつもの年のように心から喜ぶ事が出来ない。
やはり心の中にいつも福島原子力発電所の事があって、何かに付けそれが心の表面に出てきてしまうからだろう。

そんな中、二つの記事がとても印象に残った。一つは、FRANCE MEDIA NEWS の

「高リスクの原発を即停止すべき」石橋神戸大名誉教授インタビュー
その中より一部抜粋
「今回の福島原発事故は「原発震災」の一例か?」
 –私が予想していたシナリオは核爆発が起こるより最悪なものでした。私にとって福島原発事故は1945年の敗戦のような歴史的な出来事です。日本人は危険性を過小評価しながら原子力に賭け、そして負けたのです。現在昭和に関する書物を読んでいるのですが、現在の問題は太平洋戦争を思い出させます。(日本の)原子力の推進者達は一流校を出た当時の軍将校のように振る舞いエリート層を作り上げていたのですが、目の前の現実から目を背け、客観性を持ち合わせていなかった無責任な人達だったのです。そして、日本は敗れました。今回のケースについてなぜ国際社会はもっと日本に対して批判的にならないのか不思議です。

これまで国もメディアも原子力発電は安全だと繰り返して来ましたが、今でもそしてこれからもその主張を続けてゆくつもりでしょうか?。

もう一つ、日経オンラインより

東電の悪夢、問われる原発の合理性 吹き飛んだ2兆7000億円弱

その中で色々述べられた後こう結ばれていいる。
これほどやっかいな原発を電力会社の経営者は「国策事業」として背負い続けていくのか。株主は大事故を起こせば株価が暴落するリスクに耐えられるのか。そして危険を覚悟で事故処理に立ち向かう従業員を今後も確保できるのか――。電力会社のステークホルダーだけでなく、国民全体の電力事業への価値観が見直されるべき時期に来ている。

電力会社も十分利益を生んでくれるはずだった原子力発電所が、ひとたびその手に負えなくなると会社の存続はおろか、日本という国土の大半を人の住むことが出来ない場所にしてしまうかも知れないと言うことをしっかりと認識しなくてはいけないのではないだろうか。

有名なアメリカインディアンの教え
自然は未来からの借り物

今ならまだ間に合うと思う、この国を未来の子供達が普通に住み普通の生活が出来るよう残し届けるために。そのためにみんなの意識を変えてゆけば。

満開

sakura2011

桜ってやはり日本人の心を浮き立たせてくれる物ですね。
今日仕事の途中出向いた先から帰り道、大好きな桜が見事に満開を迎えていました。
本当に気が滅入ることばかりですが、こんな姿を見るとそんなことも忘れてついついカメラ
を持ち出してシャッターを切ってしまいます。
それにしても見事な咲きっぷり、しかも見物の人は全くいません。
誰も見ていなくてもこんなに見事に咲いて・・・、出来ることなら僕もそんなふうに生きて行け
たらと叶いそうもない願いをしてしまいました。

そして何よりもどうかこれからもその美しい姿をずっとずっと見せ続けてくれることを一人心
から祈り願いその場を離れました。

気が滅入っているうちに

yozakura

先月の東日本大震災とそれに伴って発生した原発事故で、この国の将来は本当に
あるのだろうかと気が滅入ったまま過ごしていたら、いつの間にか春が巡り来て桜も
すっかり満開になっていました。
今日ジテツウの帰り道、NHK前通りをお花見をしながら帰る途中、街路灯に照らされ
た桜があまりにも美しく思わずカメラを持ち出してシャッターを切ってしまいました。

話は変わりますが、先日お話しした万年筆を使っているうちうっかりとペン先を傷めて
しまい書く度に不快な引っかかりが出るようになってしまいました。
修理に出さなくてはいけなくなり、その間どうしようかと考え蒔絵の物を使おうかと思い
ましたが、あれを人前で使う勇気がどうしても出なかったので思い切って新しい物を
注文してしまいました。
モデルは同じパイロットのCUSTOM 743、随分前に発売されたモデルですが未だに
ファンが多いと聞きます。
外国製のも考えたのですが、やはり日本語を書くには日本製がよいと思いこれに決め
ました。
しかもこのモデルはペン種もとても多くどれにしようかと色々迷い、最後までMSとWA
が残り更に迷った末にWA(ウェーバリー)に決めました。
丁度明日14日が誕生日なので昨年に引き続き自分への誕生日プレゼントにしました。
昨日ネットで安いお店を見つけ注文し、本日無事届きました。
早速使ってみるととても使いやすく線の太さも書き味も正に僕の好み通り、これから
長いおつきあいになりそうです。

それともう一つ、今日東京電力の社長が今回の事故が最悪のレベル7に引き上げたれ
た事に関しての記者会見で、色々話したあげく柏崎刈羽原発2~4号機について年内
に再稼働させたいとぬかしたそうだ。
しかも福島第一発電所の5号機6号機の廃炉も未定だと・・・。
こんな時にこんな事を言うのかなぁ、全く懲りないというか被害にあった人たちへの配慮
が全くない、この人の神経って一体どうなっているのだろう。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。