スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お買い得かも

今日帰りにふと立ち寄ったスポーツ・デポ。
自転車用品売り場に行って見ると何やらお買い得品の臭いが・・・。

lemmonjersy

ルイガノ レモンジャージー 7,140円→1,990円、モデルは写真のものより少し前のもののようだけど
デザインは同じ色も赤、バイクに乗るときは目立つ色が良いと思っているので思わず買ってしまいました。
そしてもう一つ、Tigoraのレーサーパンツ。丁度サイズSがあったのでこれもチョイス、こちらは2,890円
両方買って5,000円でお釣りが来ました。
帰って試着して見るとなかなか良い感じ、両方Sサイズなのでぴったりフィットしています。
あまり距離を乗らない僕にとってはこれで十分かも知れません。
特にこれから通勤時もレーサーパンツをはくようになるので、替えが沢山あるのはありがたい。
スポンサーサイト

程々が大切

ride120501

先週思うところがあって長く会員になっていたアカデミアスポーツクラブを退会し、今日が最後の休日だったのだけれど結局ジムには行かなかった。
まあ何がイヤになったかと言うと年々プールが使いにくくなったということもあるが、それにも増して休日の午後は必ずジムに行くという強迫観念がいつの間にか出来上がっていて、休日のスケジュールをそれを中心に組み立てていたのに気がつき、休日までそれは無いだろうと自問自答した結果退会したのでした。

それはそうと遡る事一週間前、毎年恒例の旅行も終わったことだし久しぶりにバイクに乗ろうと実に7ヶ月ぶりにFOCUS号を引っ張り出して、今年初めてのライドに出かけたのでした。
行く先は迷った挙句三国方面、丁度三国祭りの真っ最中でしたが朝の早い時間はあまり影響は無いだろうと意気込んで出かけました。
順調に三国に到着しいつも休憩するサンセットビーチも素通りして雄島まで直行、ここも良いお天気で観光客で一杯でした。
休憩もそこそこに出発、途中そう言えばと思うところがあり畜産試験場のほうに曲がって見ると、先日フレディ・Mさんがレポートしてくださったとおりヤギさん広場が出来ていました。

ride120502
可愛い今年生まれたヤギさん達。

ride120503
羊さんは毛を刈られてすっきりし気持ち良さそう。

そのほかにも色々とリニューアルして楽しそうな施設になっていました。

その後も順調に走り
ride120504
このコース定番のソフトクリームを食べて

ride120505
吉崎へと到着。

しかしここからの帰り道、芦原を過ぎた頃から足があ売切れ始め下兵庫につく頃には向かい風もありもうヘロヘロ状態、しばらく休憩してやっとの思い出自宅までたどり着いたのでした。
距離にして70Km強、やはり7ヶ月のブランクは大きすぎました。

そしてその後急に背中がバンバンに張り出して一週間がたっても全く良くならず昨日はウォーキングをしましたが今日はその元気も無く1日パジャマで過ごすと言う情け無い有様。
でも夕方近くになりなんとなく物足りなさを感じ、FFOCUS号に乗ってふらりと出かけました。
行く先はサイクリングロードを通って鳴鹿堰堤、自宅からは往復で40Km程の距離。

4時近くなっていたので風も涼しくとても良い感じ。ただ右肩だけは痛くてハンドルを持つ手に力が入りません。
でもあまり飛ばさずサイクリングロードの風景を楽しみながら走り、順調に鳴鹿堰堤に到着。
ride120506
今日はお天気が良かったので、途中沢山のバイカーたちとすれ違いました。

今日はここからUターン。
帰りは向かい風だったけれど気持ちよく走りまわりの景色も楽しめます。
ride120507
岸の木立の向こうにはきらきら輝く夕暮れの光。

最初痛くてたまらなかった右肩も知らないうちに治っています。
距離にして40Kmのライド、今の僕には丁度良い距離なんでしょうね、これから少しずつ距離を延ばしてゆきましょう。

部分日食

bubun

今日は金環食の日。
でも残念ながら福井ではゾーンからはずれ、部分日食しか見られませんでした。
天気は予報を見る限りあまり良いとはいえなかったのですが、朝起きてみると何と快晴ではありませんか。
お天気を期待せず日食グラスを買わなかったので、早速残っていた現像済みのポジフィルムから未現像の黒い部分を切り取り僕用とかみさん用に2組作成。
それを持って太陽を覗いてみたら見事に欠けてゆくのが見えました。
時間が時間なのでそのままジテツウで会社に行き、再び覗いてみると丁度一番欠けた状態の様子。
何とか記録に残すことが出来ないかと、持っていたコンデジを構え、ピントを合わした状態でレンズの前にフィルムを当てると見事に写ってくれました。

やって見れば写るものですね。

今年はグランクラスで東北へ 其の四

tohoku051431

楽しかった酒田の夜も終わり、翌朝外が明るくなったのに気がついて目を開けてみると、窓の向こうにあの鳥海山がくっきりと姿を現していました。(Topの写真)
今回は残念ながら見ることが出来ないと半分諦めていただけに、その優しい姿を発見したときは思わず声を上げていました。
シャワーを浴びて朝食へ、今回もバイキング方式でしたがその種類の多さにびっくり、しかもとっても美味しい。あまりの美味しさにしこたま食べた後ラフランスカレーが美味しそうだったのでそれまで食べてしまいました。
朝食後列車に乗るまで時間があったのでホテルの周りを散策。
tohoku051404
昨日行った山居倉庫も朝日に輝いていました。

また
tohoku051412
巨大な藤の木も丁度満開、見事な花をつけていました。

昨日渡った新井田川から見た山居倉庫の風景。
tohoku051413
ケヤキ並木のほうとはまた違った雰囲気です。

ここから昨日行った本間美術館の本間家旧邸に向かいます。
ついて見ると残念ながらまだ公開時間前、ぐるっと一回りして雰囲気だけを楽しみました。
tohoku051417
中でも見事だった薬医門の向こうに見える伏龍(がりゅう)の松、樹齢400年を超える赤松だそうです。

次に北前船商人の旧鐙屋に向かいます。
こちらも見事な商家、公開が始まっていたので中に入って見ました。
tohoku051418
鐙とは暖簾に描かれている通り、馬具のあぶみ。

藩主から貰った名前だそうで、馬に関する名前を頂くことはたいそう名誉なことだったとの事。
またこの鐙屋は、井原西鶴の書いた、日本永代蔵に出てくるほどの豪商だったとの事。
tohoku051421
広く立派なお座敷。

tohoku051425
間口も広いですが、奥行きも長く広い土間が通り抜けになっています。

また屋根も変わっていて
tohoku051422
杉皮葺屋根に石を置いた独特のもの。初めて見ました。

そろそろ時間になったのでホテルに戻り出発の準備をして酒田駅に向かい、いなほ8号を待ちます。
tohoku051432
酒田駅から見た鳥海山

やがて入って来たいなほ8号に乗り鶴岡で今日一足早く出発し、ご先祖のお墓参りをした友人と再び合流。
列車は出羽三山の一つ羽黒山を左手に見ながら走り続け新潟に到着。ここで東京に戻る友人と別れ他の3人は北越号、しらさぎ号とと乗り継ぎ無事17:35に福井駅に到着しました。
今回も列車、風景、食べ物とどれをとっても満足行くとても充実した旅になってくれました。

tohoku051452
記念に貰ってきたグランクラスの特急券。GCと書いてあるところが黄色く印刷されています。

tohoku051451
北陸・米原・新幹線・東京・新幹線・盛岡・田沢湖線・奥羽線・羽越線・白新線・信越線・北陸線、と延々書かれた乗車券。
印刷が出来ないので途中から手書きになっています。この切符も記念に貰ってきました。

楽しい、楽しい旅でした。

今年はグランクラスで東北へ 其の三

tohoku051345


ぐっすり眠り朝目を覚ますと昨日とは打って変わっての良いお天気、青空も顔を出しています。
シャワーの後バイキング形式の朝食へ。写真はありませんが食べるものが沢山あってどれを取ろうか迷ってしまいます。
特にお米、あきたこまちがとても美味しかった。これもコシヒカリのつながりがあり品種のようだが冷涼な秋田の気候で育った米は食感も食味もとても素晴らしかった。
朝食の後すぐお隣の角館駅で列車を待ちます。こんなときはホテルが駅の隣だととても便利。
ホームに出て待っていると一足先に出発する、こまち16号東京行きが上りのホームに入ってきました。(Topの写真)
その後すぐに下りのホームに入ってきたこまち95号に乗り込み秋田へと向かいます。
しかしこのこまち号レールの幅は広いのにスピードはあまり速くなく新幹線に乗っているという印象は薄い。そして大曲駅では田沢湖線から奥羽本線に変わるときスイッチバックし進行方向が逆になります。
約40分で秋田駅に到着し普通列車に乗り込み酒田へと出発。この沿線はのどかな田園風景から海辺の景色までとても変化に富んでいて美しい。しかし酒田へと向かうにつれてお天気が怪しくなってきますしかも寒い、山形県に入り遊佐町あたりでは雨も降り出してしまいました。そして秋田駅を出て約1時間40分後酒田駅に無事到着。
ここで酒田を案内してくださるitoさんと待ち合わせ、彼とはネット上では10年来のお付き合いですが会うのは初めて、心配してホームに降り立ちましたが、改札口の前でニコニコと出迎えてくれました。
早速レンタカーに乗り換え最初に案内してくれたのが駅のすぐ目の前にある本間美術館。北前船とその後のビジネスで巨万の富を築いた本間家の別邸がこの美術館です。

tohoku051306
最初に素晴らしい庭園を通って別荘だった建物の中に入ります。

中には数多くの美術品が所狭しと展示されています。中は勿論撮影禁止なのですが。
tohoku051305
素晴らしい照明器具1枚だけお許しを頂きました。

建物自体も本当に素晴らしくこれだけでも一見の価値があります。
tohoku061311
建物と庭の見事なハーモニー。

tohoku051313
本当は満開だったはずの躑躅は気候のせいで残念ながらまだ2分咲きくらいでした。

この後別館の展示場を見物して昼食に向かいましたが、最初行ったフィッシャーマンズワーフは超満員で、レジまで50mほどの長蛇の列、これでは何時になるかわからないのでもう一つの名物酒田ラーメンのお店に向かいました。
案内してもらったラーメン屋さんはここ、麺工房さらしな
このお店も混んでいましたが何とかラーメンにありつくことが出来ました。麺はさっぱり系和風だしと細めんがマッチさらに三元豚のチャーシューと自家製ワンタンがめちゃくちゃ美味しかった。

お腹が一杯になったところで向かった先は遊佐町。酒田に行ったら絶対行きたかった場所。
本当は鳥海ブルーラインに行く予定でしたが、季節はずれの雪が降り残念ながら通行止めになったので、最初向かったのは鳥海山が海に沈み込むところにある十六羅漢、そして次に向かったのがどうしても行きたかった鳥海山からの湧き水が流れている清流、牛渡り川。夏になると川面一杯に梅花藻が咲き乱れる川。

tohoku051317
今はまだ梅花藻も少なめでしたが、澄み切った水には大きな山女が沢山泳いでいました。

この後湧き水だけで出来ている丸池様を見せていただき、遊佐町を後にしました。
再び酒田市内に戻り向かった先は土門拳記念館。
tohoku051318
今回は彼がライフワークとしていた室生寺の作品集と、著名人のポートレート集風貌が展示されていました。

そして最後に向かったのが有名な山居倉庫。
tohoku051322
酒田といえばこの写真ですね、そしておしんの舞台になったところ。

tohoku051327
せっかくなのでテラスで記念撮影。

見物後この山居倉庫のすぐそばにある今夜のホテル、ホテルリッチアンドガーデン酒田にチェックイン。
ここはitoさんの一押しホテルと言うことで決めました。酒田市内では一番新しいホテルだそうで、とても綺麗なシティーホテルでここにして良かった。そして次の朝更なる感動が。

ホテルで一息したあとすぐ近くにある今夜の食事場所、食道ささきに向かいます。
酒田を案内してくれたitoさんもすぐ近くにお住まいとの事だったので、一緒に食事をお付き合いいただきました。
山居倉庫を通り新井田川に架かる橋を渡っていると西のほうに不思議な光景が・・・。
よく見ると太陽柱のよう、めったに見られない不思議な現象です。
tohoku051342
沈み行く太陽の光が垂直に炎のような光芒が伸びています。これには一同感激!。

この後予約をお願いしていた食道ささきにて、オーナーのお任せコースで美味しい創作料理と庄内の美味しい地酒をたっぷりといただきながら酒田の夜はゆっくりとそして楽しく過ぎてゆきました。    続く・・・・・。

今年はグランクラスで東北へ 其の二

tohoku051249

盛岡を出発してしばらくすると空がだんだん怪しくなって来ました。
予報では午前中に雨が上がる予定でしたが、どうやら今回の寒気はもう少し長居をしたいようで、ついに列車の窓にも雨粒が当たるようになって来ました。角館駅に着くとやはりしとしとと小雨がパラついています。
今回の宿はフォルクローロ角館幸いにも場所が駅のお隣、早速ホテルに行き荷物を預け傘を借りて町の散策に出かけます。

角館駅の前は少し寂れた地方の町のような印象ですが、10分ほど歩き武家屋敷通りに出ると印象は一変、広い道路の両側に黒塀が続き何件もの武家屋敷が並んでいます。勿論通りには沢山の見物客桜は終わっていましたが新緑がとても美しい。(Topの写真)

最初に入ったのが小田野家。
tohoku051250

tohoku051256

次が川原田家
tohoku051257
どのお屋敷も建物もさることながら庭も本当に美しい。

再び通りに出ると
tohoku051258
しっとりと雨に濡れた新緑がとても瑞々しい。桜も綺麗でしょうが新緑も素晴らしい。

次が岩橋家
tohoku051261
ここはたそがれ清兵衛が撮影された場所。

tohoku051266
岩橋家にはこんな立派な桜の木がありました、樹齢数百年でしょうか?。

次は青柳家、ここは有料ですが見るものが一杯で時間がいくらあっても足りません。
tohoku051267
青々とした大きな蕗がそだつ庭。

tohoku051268
展示物の一つ古い農具、そのほかどの展示物も大変見ごたえがあります。

このお隣が石黒家なのですが、なぜか見逃してしまいました。

そして松本家
tohoku051269
他の武家屋敷とは違い小さな農家風の建物。

この後グランマートの一角にあるお土産やさんでお土産を買う。ここは2000以上買うと送料無料で自宅まで送ってくれる。しかも他で買ったお土産も一緒に入れてくれるので」とてもありがたい。

再び町を歩いてゆくと
tohoku051270
こんな石造りの家がありました。色々なものを売っているお店のようですが建物が本当に素晴らしい。

そして
tohoku051271
安藤醸造元。レンガ造りの建物で中も見学が出来ます。

tohoku051272
売店の横にあるロビーのようなところ。とてもレトロチック。
ここでは美味しいおしょうゆや漬物が沢山並んでいて思わず買いすぎてしまいます。

この後町を歩きホテルに戻り冷えた体を暖かいシャワーで温めて今夜の食事場所に向かいます。
食事場所は日辻屋さんと言う居酒屋さん。少し早いですが大丈夫でですかと電話で尋ねると、気持ちのよい応対とともにすぐ来ホテルまで迎えに来てくれました。

このお店とても良かったです。
行って見ると秋田名物のジュンサイの酢の物が出てきて、その後採れたての山菜が次から次へとテーブルに並びます。
その中でも生のこごみの味噌和えが美味しくとても印象に残りました。
またメニューにあった、生かすべのから揚げ、初体験だったので少々心配で怖いもの見たさ的な注文でしたが、これが美味しいのなんのって、心配していた臭みなど全く無くさっぱりとした白身で、骨も全て軟骨、残すものは一つも無く全て平らげお代わりまでしてしまいました。
食事を終えお勘定を済ませ(とてもリーズナブルな価格で感激)帰ろうとすると、ご主人自らホテルまで送ってくださいました。こんなことは初めて、とても嬉しかった。
またこのご主人福井県名産のへしこの大ファンだそうで嬉しさが倍になりました。日辻屋さん本当にお世話になりました。

ホテルに戻りシャワーを浴びるとすぐに深い深い眠りに・・・。    続く・・・・・。

今年はグランクラスで東北へ

tohoku051208

去年から始まったアフター60毎年旅行、今年は角館・酒田方面へ行くことになりました。
途中他のメンバーと東京で落ち合うことになり、それならばと東北新幹線のグランクラスに乗ろうと話がまとまりました。
でもグランクラスといえば1編成に18席のみ、今でも相当とるのが難しいと言う噂、旅行会社に聞いて見るといまだに取った事が無く、しかもJR福井駅の緑の窓口でも取るのは初めてのことらしい・・・。
お願いして数週間乗車1ヶ月前の4月12日ドキドキしながら連絡を待っていると、担当の人から「おめでとうございます”!」と嬉しい知らせが入りました。
そして待ちに待った5月12日、朝6時32分一緒に乗る友人と二人福井駅を出発しその3時間半後東京駅の新幹線中央乗換え口に立っていました。
そこで大阪からと東京からの2人の友人と合流し目の前の案内板を見ると・・・。
tohoku051203
これから僕達が乗るはやて・こまち23号の案内が。

ホームに上がりしばらく待っていると反対側のホームに山形新幹線が入ってきました。
tohoku051205
これはE3系のつばさ号でしょうか。

それからしばらくしてお目当てのつばさ23号がメタリックグーンの車体を輝かせながらホームに入ってきました。(Topの写真)これは1号車最後尾の車両、グランクラスは10号車なので反対側にあります。

tohoku051210
はやて23号の前にはこまち23号が連結されています。

tohoku051209
10号車の入り口にはグランクラスのロゴマークが。

早速乗り込んで室内を見るとあの噂に聞いていた素晴らしいシートがそこにありました。
tohoku051240
A席が独立しています。

tohoku051213
そし、通路を挟みB席とC席です。肘掛にあるのは食事とドリンク類そしておつまみ等が書かれたメニュー。

tohoku351041
後ろから見た感じ、総革張りのゆったりとしたシートが3列右側がA席、左側がB席とC席です。荷物入れも網棚ではなくてボックスタイプです。

tohoku051216
肘掛には電動のシートコントローラーとアテンダントコールボタンがあります。

tohoku051217
前を見るとシートコントローラーの説明書、シートには読書ライトとコンセントもついています。

やがて出発時間になり列車は静かにホームを離れて行きます、走り出しても室内はとても静か会話するにも小声で十分、なので余計車内が静かに感じます。

やがてアテンダントの美しいおねえさんがおしぼりを配りながらドリンクの希望を聞いてくれます。
tohoku051219
僕はとりあえずビール、グランクラスのロゴマークが入ったグラスで飲みます。

このとき食事の希望も聞いてくれるので、僕は和食と白ワインをお願いしました。
しばらく車窓を眺めそして友達と話しながらビールを楽しんでいるとそろそろお昼時なのか、食事が届きました。

tohoku051225
ワイングラスもグランクラスのロゴマーク入りです。

中を開けると
tohoku051227
そこには吟味され美味しそうな和食が・・・。

そして
tohoku051229
ちゃんとお品書きがついていました。

ワインのボトルもグランクラスのロゴマーク入り、徹底しています。
tohoku051230
早速白ワインを飲みながら食事を頂きます。この食事本当に美味しくゆっくりと楽しみました。

tohoku051232
勿論完食、心から幸せな気分になってきます。

食後もう少しアルコールが欲しかったので赤ワインもお願いしました。
tohoku051231
こちらもとても美味しかった。

食事を終えあとしばらくで盛岡に到着
tohoku051235
仕上げにコーヒーを頂きました。

そして列車はすべるように盛岡駅に到着しました。
tohoku051245
ここではやて号とこまち号は切り離されそれぞれの目的地に向かいます。

いやグランクラス本当に最高でした。シート、雰囲気、乗り心地食事にサービスどれをとっても本当に良かった。
昨年グランクラスのサービスが始まった当初不慣れなせいもあったのか色々言われていましたが、今回は全く不満が無かった。また是非乗って見たいと心から思いました。勿論他の友人たちも同じ感想でした。

そして僕達4人はグランクラスの余韻に浸りながらこまち号に乗換え最初の目的地角館に向かいました。  続く・・・・・。

GWはひたすら歩く

12050601

今日で長いGWもついに終わりましたね。
今年は色々用事があったり、途中お天気が悪かったりで結局遠出は出来ませんでした。
そんな時いつもならジムに行きプールで泳いでいるのですが、今年はどこかの合宿が入り今日(5月6日)の4時頃からしかプールが使えなかったので、結局後半は一度も泳ぐことが出来ませんでした。
仕方が無いので今年は時間を見つけひたすらウォーキングに精を出していました。

4月28日    自宅→九頭竜CR→高屋橋         往復 9Km
4月30日    自宅→九頭竜CR→高屋橋         往復 9Km
5月 3日    自宅→九頭竜CR→高屋橋→高屋町   往復10Km
5月 5日    自宅→九頭竜CR→高屋橋→高屋町   往復10Km
5月 6日    自宅→九頭竜CR→高屋橋→天菅生橋  往復13Km

トータル51Km、まあよく歩いたものです。
時間的には10Kmで丁度1時間半、13Kmで2時間なので時速にすると6.5Km/h前後少し早歩きと言う程度でしょうか。体重も1Kg近く落ちたのでまあまあの効果と言うところ。
ウォーキングのコースとしては安全で気持ちのよいコースなので、これからも時間を見つけて歩いて見たいと思います。

写真は5日間必ず通った高屋橋、今日の夕暮れは赤く染まりとても綺麗でした。

子供の日かみさんと孫連れて

12050502

今日は子供の日。
連休後半は入った途端雨降りで少々ストレスがたまっていたけれど今日は久しぶりの良いお天気。
娘夫婦にゆっくりとしたGWウィークを過ごしてもらうために、かみさんと二人孫娘をつれてお出かけしてきました。
行く先は福井県総合グリーンセンター、あまり遠くへ行くと疲れてしまうので近くて楽しいところ。
行って見ると新緑が白い雲が浮かんだ青い空に美しく映えていました。(Topの写真)

ついた頃はまだ駐車場にも余裕があり好きな場所に車を止めて公園の中へ入ってゆくと、孫娘はすぐさま上機嫌で遊び始め次から次へと遊具に乗って大満足です。それからお目当ての水場に行き水の中をジャブジャブ歩き回りもう止まりません。
12050503
こんな日はどの子も水の中で遊びたいのでしょうね、水の周りは大混雑。

ふと近くの植え込みを見ると、昨日降った雨が程よい湿度を創り出してくれているのか・・・。
12050501
可愛い雨蛙君もご機嫌さんで遊んでいました。円らな瞳が可愛いですね。

お昼になったのでそろそろ帰ろうと駐車場に行くと既に車で満杯、子供連れには安全で楽しい場所なのでしょう。

夕方になりいつものウォーキング、10Kmを歩き終えて帰ってきたらそろそろ晩飯。
今日は長女一家と次女の婚約者も揃いみんなでイタ飯パーティー、準備したピザ6枚は焼けた傍からあっという間に消えて行き、大盛りのパスタもいつの間にかそれぞれの胃袋に収まっていました。

やれやれ今日はなんだか疲れました。(笑)

ウォーキング後かみさんとドライブ

mikuni120503

GW前半は色々用事がありせっかくのお天気の中少々残念な気持ちで過ごしていました。
昨日はかみさんが忙しく、一人で美術館へストラスブール美術館展に出かけ、午後は雨が降ったこともあり自宅でのんびり。

今日も予報ではしっかり雨だったのですが、朝食後外を見て見ると空の色が明るい!、と言うわけで早速ウォーキングに出かけます。今回のGW後半はジムのプールが合宿で使えないので先日から歩くことにしています。
コースは自宅から九頭竜サイクリングロードに出て高屋町まで行ってくると往復で丁度10Km、走るのは苦手ですがウォーキングには丁度良いコース。気温も涼しく山と川の風景がとても美しいので歩いていても全く退屈しません。
時間もぴったり1時間半、自宅に戻り十分にストレッチをして終了。

一休みしてふとFOCUS君を見るとあちこち埃で真っ白!、あわててそれをふき取りチェーンのオイルも注しなおし次回のライドに備える。(去年も最初のライドが5/21だった、今年もその頃になりそう)

簡単な昼食後空がまだまだ持ちそうだったので、かみさんと三国方面へドライブに出かけました。
最初に道の駅に寄り色々買い物を楽しんだ後、汐見公園の駐車場に車を止めて散歩をスタート、ぶらぶらと三国の町を歩いて行くと、流石連休らしく同じように散歩を楽しむ人が大勢います。
半年振りに町を歩いて見たのですが町の中が結構変わっています。色々な建物が町並みにあわせ改装され町の雰囲気がとても良くなっています。さらに何件かも同じように改装中、きっと数年後にはもっと素敵な町に変身していることでしょう。

ゆっくり町を歩いてゆくと以前は気がつかなかったこんなお家がありました。
mikuni120501
道から玄関までの雰囲気が素敵です。

それからいつも気になるこんなお店。
mikuni120502
いつも入って見たいと言う衝動に駆られるのですが、でもなかなか勇気が出ません。

町を一回りして、いつもの喫茶店Cafe TABUNOKI に入ります。
ここは何時来てもしっとりと落ち着いてとても良い雰囲気、コーヒーもとても美味しい。
今日も窓辺に色々なガラス細工がさりげなく飾ってありました。(TOPの写真)

コーヒーを楽しんで外に出て見るとポツポツと雨の雰囲気、再び町を歩いて車に戻り三国を後にしました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。