スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は瀬戸大橋を渡り四国へ 其の二

uchiko01
1日明けて今日は6月23日。朝起きると何だか体調が良くない、昨日調子に乗って飲みすぎたか・・・。
それでもホテルで朝食を済ませ小雨の丸亀駅で待っていると、8000系の特急しおかぜ3号が入ってきた。この8000系、単線だけど意外に早く乗り心地も良い。

uchiko02
ちなみに洗面所には陶器のボウル。

これで松山まで行きその後は宇和海11号に乗り継ぎ。
松山駅に着いてしおかぜ号を降りると、同じホームに宇和海号が入ってきた。そしてこの車両はJR四国でも人気のあるアンパンマン列車。
uchiko03
上りの先頭がメロンパンナちゃん号。

uchiko04
下りの先頭がバイキンマン号。
やはり子供たちには大人気、着いた途端に記念撮影ラッシュ。

uchiko05
こりゃー子供たちにはたまりません。

uchiko06
そして指定席のシートはアンパンマンシート。

uchiko24
座席のテーブルを倒すとそこにはバイキンマン。

松山内子間は僅か25分で到着。
小雨がぱらつく中内子の散策に出発。
uchiko07
最初に着いたのが内子座
ここで記念撮影を済ませ歩いてゆくと、下芳我家に到着。
uchiko08
ここはカフェになっていたが、先に進んでゆく。

暫くするといよいよ伝統的建造物保存地区に入ってくる。
uchiko11
こんな通りを歩いてゆくと

uchiko09
こんな路地や

uchiko10
こんな路地

uchiko12
そしてこんな路地などが次々に現れて、いずれも小雨に濡れた風情がなんとも言えず良い。

そして内子に繁栄をもたらした本芳我家が見えてくる。
uchiko23
手前が木村家住宅、その奥の巨大な建物が本芳我家。重要文化財だがいずれも非公開。

uchiko13
本芳我家の住居の部分。

uchiko14
本芳我家は庭は公開されている。そこにあった巨大な楠木。

さらに歩いてゆき後ろを振り返ると。
uchiko15
保存された街並みの中にも人々の暮らしが見える。

uchiko16
そして上芳我家住宅。本芳我家筆頭分家で国の重要文化財、平成20年より改修が行われ平成23年より一般公開が始まった。早速入場料を払いガイドの方に説明をお願いする。

uchiko17
お店の隣にある座敷。

uchiko18
店舗の部分。
木蝋を精製する技術を発見し、僅か100年余りの間に巨万の富を造りだした芳我一族。そしてこの上芳我家は現在のお金にして数百億円という費用をかけて建造されたとの事。
その一つ一つが現在では全く不可能であろうと言うほど見事な部材ばかり、けれど豪華絢爛と言うよりは質実剛健と言ったほうがぴったりと来る一見質素とも見える品格のある見事な建造物である。

uchiko19
奥座敷。

uchiko20
浴室の入り口。

uchiko21
炊事場。

uchiko22
炊事場。

この上芳我家を見学するには最低でも半日は必要だろう。今回はそんなことは思ってもいなかったので1時間程度しか滞在できなかったのがまことに残念。機会があったらまた是非訪れて見たい町であった。
小雨模様の中散策した内子町だったが、この町は晴れてよいお天気よりしっとりとしたこんな日が似合っているように思えた。内子町、福井からはとても遠いけれどまた何時の日か訪れる機会が着てくれることを願わずにはいられ無かった。

内子の散策を終え今日の宿泊地八幡浜へ向かう。八幡浜までは特急で20分、あっという間に到着し今日のホテルスーパーホテル八幡浜へと歩き出す。途中ドラッグストアーを見つけビオフェルミンを購入。朝からの体調が思うように戻らないまま八幡浜の夜へと向かった。
スポンサーサイト

今年は瀬戸大橋を渡り四国へ 其の一

hiketa09
一昨年から始まったアフター60毎年旅行。今年も小学校、中学校時代のメンバー5人で四国方面へ出かけてきた。
6月22日朝8時、福井を出発する友達3人と待ち合わせサンダーバード8号で新大阪に向けて出発。
そして新大阪駅で他の2人と合流しのぞみ11号で岡山に到着。ここで昼食にあなご飯とビールを買ってうずしお11号に乗り引田へと向かう。栗林で特急を降りここからは普通列車、約1時間で引田に到着。
駅を出て地図を頼りに歩いてゆくと突然つんと鼻を突く異臭、おそらく魚を発酵させている匂いだろう。少々閉口しながら進んでゆくと古い街並みが現れてきた。

hiketa02
古い醤油屋さんの店先。

hiketa03
こちらも由緒ありそうな民家。

先を進んでゆくと、巨大なお屋敷が現れた。
hiketa12
説明書きを読んで見ると、このあたりの大庄屋を勤めた日下家だった。
この日下家とこの後行く井筒屋はともに大家で互いに婚姻関係を何代にもわたって結び、このあたりを取り仕切ってきた家柄だとのこと。

hiketa13
重厚で独特のつくりだけどこれは門だけ、お屋敷はこの奥にあるのだが残念ながら非公開。

そしてそのすぐ横にある井筒屋
hiketa14

中に入って見ると
hiketa04
広い敷地に蔵が並ぶ。
中に入り見学を申し込むと。親切なガイドさんが一つ一つ詳細に説明をしてくれ、井筒屋のみならず引田の歴史が良くわかった。

hiketa05
庭には巨大なウバメガシ、こんな大木は他にないだろう。

hiketa01
見事に手入れされた庭。

説明によるとこの引田は良い風待ち港としても有名で、一時は讃岐の首都機能もあったようだ、また四国の製塩の発祥地でもあるようで、そこで醤油の製造が盛んになったとのことだった。

この隣にあるのがかめびし醤油店。
hiketa06
建物全体をつつむ真っ赤な壁が強烈。

hiketa07
ここは今でも醤油業を営んでおり、中には売店がある。

hiketa08
屋根、壁、窓の独特の造りが美しい。

名残惜しいがこのあたりで引田の見学を終え駅へと向かう。
暫く待つと今度はうずしお20号が引田に止まってくれるので(Topの写真)それに乗り高松駅に到着。高松駅からは快速サンポート号に乗り丸亀に向かう。
hiketa10
高松駅で見かけた快速マリンライナー、二階建ての車両が乗ってみたさを募らせる。

程なく丸亀に到着し今夜のホテル、オークラホテル丸亀に向かう。
hiketa11
オークラホテル丸亀から見た黄昏に浮かぶ瀬戸大橋。
この後ホテルのすぐそばにある居酒屋『かぼちゃ』で瀬戸内産の旨い魚と酒とともに楽しい1日目は更けて行った。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。