スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪野原と影たち

sue2015011807

日曜日朝食を済ませ自宅で寛いでいると、曇っているはずの空が明るい。
前夜少し雪が降ったこともあり、気になるところへ出かけてみた。
すると先日までの少し汚れてきた雪に変わり、真っ白な新雪が積もりそこに
雑木木林の影が色々な表情を作っていた。

sue2015011801
綺麗に凹凸が連なった所に積もった雪が太陽にキラキラ輝いている。

sue2015011802
こちらも

sue2015011803
そしてこちらも

sue2015011804
ファインダーを覗いていて飽きることが有りません。

そして暫くするとその影がだんだん長く伸びてきて
sue2015011805
雪の上に色々な模様を描き出す。

そばに生えている潅木の影もきれいな縞模様に。(Topの写真)

今年は雪が降るのが早く、しかも沢山積もってしまったので出会うことが無理かと
諦めていた風景だったが、今年も自然からのプレゼントを貰いました。

雪はあまり好きではないけれど、この風景は何度見ても飽きることがありません。
スポンサーサイト

北風の強く吹きし日

mikuni2015011704

土曜日の午後三国にある大好きな建物を撮りたくて出かけた。
残念ながらその建物は改装中で春まで休館になっていた。
仕方なく海岸に出ると想像以上の北風、車を降りると体ごと持って行かれそうになる。
そんな中カメラを構えてふと九頭竜川の対岸を見ると、発電所の煙が真横に流れている。
その情景が面白くてシャッターを切った。
出来上がった写真はまるでモノクロ、冬の北陸を象徴するような写真になった。

冬木立

kitagata2015011205

今は何処も冬枯れだけど、冬ならではの美しさもある。
湖に行った帰り銀杏の木が並んで生えているお気に入りの場所に行ってみた。
葉をすっかり落とした木の姿はいかにも冬の風景だったが、
幹から伸びた枝たちがこぞって空に向かう姿もまた美しいと思った。

眠りから覚め行く街

yoake2014122801

冬夜明け前の福井市。
深い眠りから少しずつ覚めてゆく街並み。

白山

hakusan2014122801

暮れに撮影した白山。
四季を通じて美しい山だけど、冬雪をまとって真っ白な姿になった白山が
その名の通り一番美しいと思う。

凍てついた朝其の二

frozen14122809
この日は本当に何処を見ても見事な霧氷の花。


frozen14122808
丁度顔を出した太陽の光を受けてキラキラ光っている。

frozen14122804
こちらにもキラキラ。

frozen14122810
これは木から頭を出した釘

frozen14122811
小潅木の枝の先

frozen14122812
アップで見ると見事なトゲトゲ

frozen14122813
いくら見ても飽きない美しさ

このまま消えてゆくのが勿体無いような風景だった。

凍てついた朝

frozen14122803

皆さん明けましておめでとうございます。
昨年中はお世話になりまして有難うございました。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

さて、年の暮れ最後の日曜日、冬に入って一番の冷え込みになった。
カメラを片手に早朝家を出て何時ものように朝日を撮影し、下に下りてくると
そこは見事な霧氷の風景が広がっていた。

forozen14122801
民家の庭先にあるモミジの木も全身真っ白な花を咲かせている。

frozen14122802
野原の小潅木にも同じように白い霧氷の花。

どれくらいだろうか夢中で撮影しふと顔を上げてみると、そこには見事な風景が
広がっていた。(Topの写真)
こんな風景に年末に出会えて幸せ、そんな事を思いながら家路についた。続く・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。