スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏だと言うのに霧の朝

milky071002

夏には珍しい霧の深い朝だった。
慌てて着替えまだ充分に覚めていない体を何とか車に押し込めて出かけた。目的の場所についてみると橋はすっぽりと霧の中、周りの余計なものを隠してくれてまるで違った風景。
カメラを構えていると、不意に何処からとも無く釣り人が現れた、こんなシーンに釣り人だなんて願っても無いことなのでありがたく撮らせてもらった。

撮影が一段落してふと空を見ると明るくなっている場所がある。
急いで車を走らせると、まさに太陽が霧の中から顔を出した瞬間。
milky071001
田んぼの稲と遠くに見える桜並木がとてもよい感じ。

そしてさらに移動すると
milky071003
大好きな橋がほの暗い手前から明け始めた対岸に向ってまるで夜明けに向って架けられた橋のように見える。

そんな事を思いながらシャッターを切っているうちに霧は見る見る消えていった。

こんな日に寝坊をせずに良かったと思った。

写真をクリックすると大きくなります。
スポンサーサイト

一年ぶりの龍双ヶ滝

ryuso070501

梅雨の合い間の雨上がり、一年ぶりに龍双ヶ滝に出かけた。
ここは県内でも有数の撮影スポットなので、行く度に大勢のカメラマンに出会うのだが今回は微妙なお天気だったこともあり人影もまばらだった。到着してます定番のアングルからの撮影。(Topの写真)
何度行ってもこの場所から見る龍双ヶ滝は美しいと思う。
しかも丁度梅雨時で水量が豊かなせいか、流れ落ちる水が白い絹の糸の
ように見える。

ひとしきりこの場所から撮影した後、誰もいない滝壺に降りてみた。
そしてふと振り返ると、雨に濡れた新緑と流れ落ちる滝の水の美しさに感動。
ryoso070502
何度も着ているのにどうして今までこの角度の美しさに気が付かなかったのだろうと不思議に思う。

そしてまた何時もの撮影ポイントへ。
ryuso070503
ここもまた梅雨の豊かな水量が何時もの流れを一層美しく見せている。

ふと気が付きカメラを縦位置に構えてみると
ryuso070504
流れ両側に岩肌に緑が実に美しい。

晴れているとこの岩肌も日が当り飛び気味になるのだけれども、どんよりと曇った空のおかげでとても美しく見える。

時々車が止まり見物客が来るけれど、殆ど誰にも邪魔されず楽しく撮影を楽しむことが出来た。

写真をクリックすると大きくなります。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。