スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地デジ

来年の今頃はアナログから地デジに切り替わる寸前で一体どうなって
いるのか予想も付きません。
実は我が家はまだ一台も地デジ対応のテレビがありません。
理由は、僕が液晶テレビが大嫌い・・、それが理由です、今まで何度
となく家電量販店で液晶テレビを見てきましたがその度にこんな変な
映りをするテレビは絶対買わないと決めていたのでした。
液晶テレビ独特のベタンとした発色、階調の少なさどれを見てもとて
も許せる物ではありませんでした。
唯一買ってもいいなって思っていたSEDはいつの間にか無くなってしま
これじゃ~当分の間ブラウン管しかないなって思っていました。

所がここの所テレビ局の陰謀なのか、ブラウン管テレビの画面が上下に
小さくなってしまい、しかもその上下の空いたところに、アナログだの
もうすぐこのテレビは見られ無くなるだの色々うるさく文字が出てくる
ようになってしまい、かみさんがたまらず「あれ何とかして」と言いだし
てしまったのです。
そこで仕方なく先日デジタルチューナーなる物を電気屋に見に行ったの
ですが、あるのはテレビばかりやっとの思いでデジタルチューナーを見
つけても安物の2種類だけ・・・。
帰ろうかとふと横を見ると、結構綺麗に映っている液晶テレビ発見!。
少々感心していると今度は32V型が49,800円の文字が目に入ってきました。
思わず見とれていると、Y電気の店員が音もなく寄ってきて今このテレビ
を買うとエコポイントが付いて何と12,000円安くなりまっせと囁き始める
ではありませんか!。49,800-12,000=37,800円、これは一昔前の安物の
ブラウン管テレビと同じような価格帯・・・、迷っていると早く買わな
いと無くなりまっせと追い打ちをかけてきます。
ここはかみさんに聞かないとと一時的に逃れたのですが、かみさんに電話
すると買って!と一言。
買おうと思ったのは東芝REGZAの32A95S、とりあえずじゃあこれ貰うわと
店員に告げて書類を書いて貰っていると、すぐ横に同じような品番のテレ
ビがあります。
品番はREGZA32A95L、早速違いを聞いてみると液晶パネルの違いですと微妙
な返事、(詳細を言わないところがみそ)よく見ると95Lの方が横から見ても
色が変わりません、95Sの方は横から見ると色が抜けて白っぽく見えます。
価格が同じだったので結局32Lにして貰いました。
ただこちらの方は在庫が無くて暫く待たなければいけないとのことでしたが
急ぐ物ではないので待つことにしました。
自宅に戻って調べてみたら

REGZA 32A95S はSAMSUNG製 VA方式パネル
REGZA 32A95L はLG製   IPS方式パネル

でした。
両者それぞれ一長一短があるようですが、今回のテレビは台所に置く物なの
で、色々な角度から見ることが多いのでIPS方式で正解だったようです。
IPS方式というのはPCのモニターでも高級機にしか使わていなかったのですが
こんなに価格もこなれていたんですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。