スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鉄っちゃん小僧的還暦旅行其の一

sanin10

僕は1950年生まれ、昨年還暦を迎えました。でも同級生の中にはいわゆる早生まれの連中がいてその彼らも今年めでたく還暦を迎え、そんな連中と先週末から還暦旅行に行ってきました。
メンバーは5名いずれも小学校から中学校にかけて出来た友達、5人のうち福井に住んでいるのは3名後は東京と大阪、行く先は・・・、話が決まったときなぜか「お前に任せる」と言われていたので独断と偏見で滅多に行けない場所に行きたいと思い、偉大なるローカル線「山陰本線」始発駅から終着駅まで2泊3日で走破するという計画にしました。
でも始発駅の京都から順に下ってゆくと、宿泊地の問題でどうも上手く行かないので終着駅の幡生(はたぶ)から順に上ってくることにしました。
コースは
福井   → 京都      北陸本線サンダーバード4号 ここで県外の友達と集合
京都   → 新山口     山陽新幹線のぞみ15号
新山口 → 幡生      山陽本線普通列車
幡生   → 長門市     山陰本線普通列車
長門市 → 東萩      山陰本線普通列車   ここで第一日目の宿泊
東萩   → 益田      山陰本線普通列車
益田   → 松江       山陰本線特急スーパーまつかぜ12号  ここで第二日目の宿泊
松江   → 鳥取       山陰本線特急スーパーまつかぜ6号
鳥取   → 浜坂      山陰本線普通列車
浜坂   → 城崎温泉    山陰本線普通列車
城崎温泉 → 福知山   山陰本線特急こうのとり16号
福知山   → 京都     山陰本線特急はしだて4号  ここで県外の友達と解散
京都   → 福井      北陸本線サンダーバード31号

トータル1,548.8Kmの長旅です。

さて5/14当日の朝7時過ぎに福井駅で集合、何故か大阪から参加するはずの一人も前泊して福井から参加、余程楽しみにしていたのでしょう!。そしてもう一つ裏話が、前日の朝いつものように仕事に行こうと準備をしていたら参加する一人から電話、もしかして急用で参加できなくなったのかと急いで出てみると「お前今どこにいる」と彼「どこにいるって家だけど」と僕「でも電車7時47分だろ」と彼「え!」と絶句する僕、状況を理解するまで暫くの時間・・・、そうです彼は楽しみにしていたあまり一日予定を間違ってしまったのです、結局彼はその日を含め一日余分に会社を休むことになってしまったのでした。

話は戻って14日は間違えるやつもなく4人無事福井駅に集合してサンダーバードに乗車(あはは、眠さのあまり写真がありません)京都駅に着き東京からの友達も無事30分前に到着しのぞみ15号を待ちます。

sanin01

すると定刻通りのぞみ号はやって来ました。福井に住んでいるとのぞみに乗るチャンスは殆ど無くて今回がのぞみ号初体験「嬉しいなぁ」。今でも新幹線を見るとワクワクしてしまう僕はのぞみ号に大感激。
早速乗り込み京都駅で買ったお弁当を食べて盛り上がっているうちあっという間に新山口に到着。すぐに山陽本線の普通列車に乗り込みます、途中ふと景色を眺めると日清食品の工場の横にSHIMANOの工場が見えました。
sanin02

何を作っているのでしょうか?。そうこうしているうちに幡生に到着。
sanin03

山陰本線は下関まで運行されますが本当は終着駅はこの幡生、いよいよ山陰本線の旅が始まります。

二両編成の普通列車に乗り込むと、お昼過ぎの時間だったため学生さんが沢山乗っています、それでも1時間も過ぎると社内はガラガラ、列車は海岸線を気持ち良く走ってゆきます。
sanin04

こんな海岸線に出たかと思うと、突然トンネルに入り山の中を走りまたトンネルとくぐると目の前が海になり乗っていても全く退屈しません。やがてこの列車の終点長門市に到着し乗り換えです。

sanin06

次の列車はと見ると今度は1両だけの列車、でも車両は新しそう。
sanin05

ここから約40分で最初の目的地萩に到着します。
この間も列車は海岸線ギリギリを通り美しい風景が次から次へと目に中に飛び込んできます、本当にその風景は越前海岸の絶壁を列車で走っているよう、結局この風景は時々平野にはいることがあっても最終日の城崎温泉まで続きました。
sanin07

そして遂に萩に到着。
sanin09

駅のすぐ隣にある、萩ロイヤルインテリジェントホテルへと向かいチェックイン後部屋に入ります。
今日の部屋は、6つのベッドが一部屋にあるクルーズルーム、まるで修学旅行のような気持ちになってきます。(笑)
sanin08

食事は市内の居酒屋さんを予約してありますが、少し時間があるのでホテルから散歩がてら目的地に向かいます。
松本川沿いに湊に向かう途中ふと振り返ると今日の宿萩インテリジェントホテルが見えます。(TOPの写真中央の茶色の建物)更に歩いてゆくと大きな木の陰にリヤカーの集いを発見!、いったい何のために並べてあるのでしょう、不思議な光景についパチリと撮影。
sanin11

海に着くと遠くの島影とゆったりとした海の風景にとても癒されいつまでのそこに居たい気持ちになってきます。
sanin12

その後予約してあった、地産謹製料理店MARUに到着し地元の美味しい料理を心ゆくまで楽しみ、更にホテルに帰って再び宴会が始まり、その後6つのベッドでは壮大ないびきのソロ演奏や合奏が繰り返され、何名かは遂に眠ることなく朝を迎えることになったのでした。

其の二に続く。

コメント

同級生との旅、良いですね。

うわ~、同級生の方と還暦旅行ですか。
ホント、良いですねぇ~。

皆さん、みんなに合うのが楽しみで、ワクワク、ソワソワだったのが伺えます。
日にちを間違えるほど、早く会いたかったんですね。
楽しそうです。。
この後のアップも楽しみですね。

Ps.
sonyのデジイチ、とってもシャープに写ってますね。
ホント、綺麗ですよ~。

2011/05/18 (Wed) 12:56 | hiro #- | URL | 編集

> hiroさん

こんばんは。
そうなんですよ、小学校の同級生が3人、中学校からの同級生が2人合計5人で行ってきました。
計画したときから楽しみで仕方がありませんでしたよ、なので自転車に乗るのも控えて体調を整えていたんです。

今回の山陰本線の車窓から見える風景は本当に美しかったですよ!、hiroさんも機会があったら是非出かけてみてください。

それとsonyのデジ一とても使いやすくて撮影が楽しかったです。

2011/05/18 (Wed) 22:16 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。