スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迷った末にPhotoPotter

pota11060501

朝から晴れてはいるけれどどうもスッキリしないお天気、先週は5月なのに台風が来てしまい今日こそと意気込んではいた物の結局早めに戻ることを決めてPhotoPotterに出かけました。
お供は先日我が家にやってきたSonyのNEX-5、これにズームを1本付けて今日は松岡方面に向かいました。
いきなり勝山街道は危険なので裏道を通ってえちぜん鉄道の新保駅から勝山街道に出ることにしました、それにしてもえちぜん鉄道の駅はどれもノスタルジック、ついつい撮影したくなってきます。(TOPの写真)

外の待合室は白いシンプルなベンチが1台だけ。室内の待合室?勿論ありますよ。
pota11060502

そしてその横を流れる水路はとても綺麗で、春には桜の花が咲きこの地区の自慢の一つになっているようです。
pota11060503

ここから追分のとても鄙びた農家が立ち並んでいる地帯を通って松岡へと向かいます。
撮影しながら松岡の街中に到着、ふと気が付くとここはhiroさんのご自宅のすぐそばです。もしやと思って電話をしてみましたが、電話の向こうからは残念ながらどこかに出かけられておられるとの返事、そのまま市街地へと進んでゆきます。
進んでゆくと有名な黒龍酒造の前に出ました。ここは何年か前からとても有名になってしまい地元の人は中々手に入れることが出来ない超レアなブランドになってしまいました。
pota11060504

今日お店は定休日でしたが、それでもお店のたたずまいは年季が入りとても威厳があります。勿論うだつも上がっています。
pota11060506

一つしかない照明器具もノスタルジックで良い感じ。
pota11060505

ここからえちぜん鉄道の松岡駅に向かいます。この駅もご多分に漏れずとても素敵な駅舎です、自動販売機がなければ時代を勘違いしてしまいそう。
pota11060507

駅舎を撮影し再び福井市内へと戻ろうと裏道を走っているとまたまた先ほどとは別の酒屋さんが有り、こちらも風情があるので撮影。大本山永平寺御用達と書いてあります。
pota11060508

ここで色々撮影していると、彼方から「ガーッ」と言う物音が聞こえてきたのでそちらの方角を見てみると1台のロードバイクが走ってきます、その姿に「格好いいな~!」と眺めていたら何とhiroさんでした。
hiroさんに会うのはほぼ2年ぶり、懐かしさと怪我の回復具合が心配で暫く話が弾んでしまいました。
pota11060509

ここからhiroさんは、今日丸岡マラソンを走られたフレディーMさんと一緒にバイクに乗るため彼のご自宅へ向かわれるとのことだったので、僕はそこまでご一緒する事にしました。
途中ほんの短い距離でしたがhiroさんがグイグイ引っ張ってくださり最初は何とかついて行けましたが、終わり近くになるともうヘロヘロ・・・、今年のトレーニング不足を身にしみて感じました。もうダメと思った頃向こうの方に見覚えがある姿が、愛犬とhiroさんを待っておられたフレディーMさんの姿でした。
これからライドに出発するというのにフレディーMさんは冷たいドリンクを出して下さいました、本当に美味しかったです。
それと車庫にはフレディーMさんのバイクが・・・、憧れのドグマ号とも1年ぶりに再開できました。
pota11060510

長身の彼らしく大きなフレームに目一杯シートポストを上げて・・・、悔しいけれどとっても格好良かったです。(泣)
ここでライドに出発されるお二人と別れて僕は自宅方面に向かいます。
九頭竜川右岸に出ると今日は色々なイベントをやっていて沢山の人々が色々なことを楽しんでいました、やはり休日は楽しいですね。
そうして中角橋に到着、いつも見ている橋ですが実は渡るのは始めて。渡ってみるとこんなに素敵な橋が歩行者専用なんて贅沢すぎると思えるほど、でもいつ見ても綺麗な橋です。
pota11060511

斜張橋は造形的にも優れているので色々な写真が楽しめます。ついつい撮影にかなりの時間を費やしてしまいました。
pota11060512
主塔も下から見るとまた違った雰囲気。

その後今日は新田塚を抜けて自宅へ、途中に孫の家があるので寄ってみたら今日は孫の紗愛がとてもご機嫌、せっかくなのでお散歩がてら彼女の撮影をすることにしました。
まあ、撮影し始めるとこれまたとても楽しくて撮影枚数はそれまで撮影した枚数の軽く数倍の枚数になってしまいました。(笑)
PhotoPotterはとても楽しかった、何だか病みつきになりそうです。

コメント

昨日は、本当にすみませんでした。
しかし、あそこで会えるとは思いませんでした。
何かが引き合わせてくれたとしか思えません。
お久しぶりに、お元気なお姿を見て嬉しかったです。
ほんの少しの時間でしたが、楽しかったですね。
つのる話もあり、もっとお話がしたかったですよ。
今度は、時間をとって是非、『そば玄』へ。

ところで、今回は白黒で写真をアップしたんですね。
我が町も、こんなに風情が変わる物かと感心してます。
石田屋(黒龍)さんの写真は、そのままCMに使えそうですよ。

素敵な、PhotoPota。
近いうちに、是非僕もご一緒に…。

2011/06/06 (Mon) 04:29 | hiro #- | URL | 編集

昨日は久しぶりにお会いできたのに、
ほんのちょっとの間しかお話しできずに残念でしたが、
こんなに素晴らしい写真撮影ポタリングを楽しんでおられたのではしょうがないですよネe-343
カメラもさることながら、腕前や構図のセンスなどがとても良く伝わってくる素敵な写真ですねぇ~!
またセンチュリーではお会いできます?e-463

2011/06/06 (Mon) 12:30 | フレディ・M #- | URL | 編集

こんばんは。^^

えち鉄の駅は素敵なのが多いですよね。
駅舎を巡るポタってのもいいですねぇ。
鉄道って、車両はもちろん、
線路や信号や改札や、ドコを切り取っても絵になるんですよね。
私はず~っと自転車通学だったので、
一度でいいから電車やバスでの通学がしてみたかったなぁ。って思います。
毎朝同じ車両になる名も知らぬ女の子に恋したり・・・
したかったなぁ(笑)

2011/06/06 (Mon) 19:10 | Fumi #- | URL | 編集

> hiroさん

こんばんは。
昨日は突然電話してしまって申し訳ありませんでした。
でも久しぶりにhiroさんのご自宅近くを通った物ですから、ついつい懐かしく思って電話してしまったんですよ。
でも帰りがけに撮影していたら突然hiroさんの姿が目に入ってきてビックリしましたがでもとても嬉しかったです。
でも松岡の町は以前から撮影したいと思っていたので走っていて、そして撮影していてとても楽しかったですよ。
黒龍酒造さんは勿論ですが、その近くの町屋もベニガラを使った昔ながらの建て方で素敵なお宅がありました。撮影したのですが、腕が未熟で写真にさせてもらえませんでした。(汗)

でも本当にゆっくりしたポタリングを楽しみたいですね、hiroさんのご都合の良いときいつでもご連絡下さい。
僕も「そば玄」の親子丼是非食べてみたいです。

2011/06/06 (Mon) 20:28 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

> フレディーMさん

こんばんは。
昨日は突然お邪魔してしまって、しかも冷たいドリンクまでご馳走になってしまって本当に申し訳ありませんでした。
本当にフレディーMさんとは昨年のセンチュリー以来、あれからもう約1年が経ってしまったんですね。
撮影しながらのポタリングも結構楽しい物ですよ。福井も飛び飛びですが結構素敵な風景が残っています。
そんな風景を少しずつでも撮影して行けたらよいなって思っている所なんですよ。
写真・・・、デザイナーのフレディーMさんにそうおっしゃっていただけてとても嬉しいです。有り難うございます。

センチュリーは今年はエントリーしないつもりです、今年はタイトル通りスローにマイペースで乗って行こうと思っています。
もしユルポタでご一緒することがあったら嬉しいです、その時は宜しくお願いします。

2011/06/06 (Mon) 20:37 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

> Fumiさん

こんばんは。
そうですね、えち鉄の駅舎はノスタルジックな建物が多くて撮影したいと思う物がいっぱいあります。

> 駅舎を巡るポタってのもいいですねぇ。

あれあれ、僕の心が読めるのでしょうか?、昨日からいつかそれをやってみようと思っていた所なんですよ。
路線が二つあるので、どちらに行っても楽しいななんて想像していました。
えち鉄の駅舎を巡って撮影なんて本当に楽しいでしょうね、是非やってみます。

> 一度でいいから電車やバスでの通学がしてみたかったなぁ。って思います。
> 毎朝同じ車両になる名も知らぬ女の子に恋したり・・・

僕も自転車通学だったのですが、いつも同じ場所で会う違う学校の女子生徒に心奪われて、しかもその子はかみさんと同じ学校だったんです。
そして、末の娘にその子の同じ名前を付けました・・・。(大汗)

2011/06/06 (Mon) 20:43 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。