スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

こんなのが刺さってました

rikuroshi1109

月曜日のライドの途中パンクした話は前回書きましたが、今日注文していたタイヤが入ってきたのでショップへ取りに行き会社から帰ってから交換しました。
交換の前に刺さっていたピンを取り除いて見ると想像よりもずっと大きくてびっくりしてしまいました。長さは3センチ以上タイヤの外に見えていたのは矢印の部分だけ、いやはやとんでもないものが刺さっていたものです。こりゃー歩いている人も下手をすると怪我をしてしまうほどの長さ、こんなものを道路に落としておいたら本当に危ないですね。

ところで今回のチューブレスタイヤの入れ替え、満を持して今度こそ手だけで入れるぞって意気込んでいましたがやはり無理でした。コツみたいなものは徐々に掴めていますがやはり握力が弱いことが致命的。それでも今回はレバーも前回と違ってちゃんと正しい使い方で使用できました。
考えてみれば誰でもちゃんと手だけで入れることが出来るんだったら専用のレバーなんて出しませんよね、殆どの人が無理だから商品として成り立っている。そう思えばレバーを使っても当たり前、気にすることはありません。
でもこれが屋外だったらやはり無理、今回のように何とかそのまま帰ってくるかひどい場合にはやはり助けを呼ぶことが一番なんでしょうね。

コメント

こんばんは、ご無沙汰しております。
A-FOCUSさんの、このブログでチューブレスが大変なものと確信しました。
タクちゃんからも聞いております。
しかし、50kmも冷や冷やもんだったでしょ。

私もumedaの店長さんに聞いた所、中に入ってるシーラントは乾いてる時が効果があるそうです。
もしも、雨で路面が濡れていると、シーラントは乾かずドンドン抜けていくって言ってました。
しかしエラいもんが刺さってましたね。
ホント、無事帰れてホッとしております。(^^)

2011/11/02 (Wed) 19:12 | hiro #- | URL | 編集

> hiroさん

こんばんは。
いや~、自転車に乗り始めて初めてのパンクで少々たじろぎましたが、あわててピンを抜いてしまわなかったことが結果的に良かったようです。
心配しながら走り始めましたが、走っても走ってもあまり状況が悪くならなかったので、思い切ってそのまま自宅まで走りきりました。

> 雨で路面が濡れていると、シーラントは乾かずドンドン抜けていく

これは知りませんでした。気をつけないといけませんね。
最も僕は雨の日は走ることが無いので途中で降り出さない限り大丈夫だと思いますが・・・。
でも先日hiroさんと一緒に走ったとき、白崎店長さんから聞いた「チューブレスは自分で修理しないほうが良い」と言うお話を聞いてなければ、無謀にも自分で修理しようとしたかもしれません。
でもとても良い経験になりましたよ。

2011/11/02 (Wed) 21:04 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。