スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年はグランクラスで東北へ 其の二

tohoku051249

盛岡を出発してしばらくすると空がだんだん怪しくなって来ました。
予報では午前中に雨が上がる予定でしたが、どうやら今回の寒気はもう少し長居をしたいようで、ついに列車の窓にも雨粒が当たるようになって来ました。角館駅に着くとやはりしとしとと小雨がパラついています。
今回の宿はフォルクローロ角館幸いにも場所が駅のお隣、早速ホテルに行き荷物を預け傘を借りて町の散策に出かけます。

角館駅の前は少し寂れた地方の町のような印象ですが、10分ほど歩き武家屋敷通りに出ると印象は一変、広い道路の両側に黒塀が続き何件もの武家屋敷が並んでいます。勿論通りには沢山の見物客桜は終わっていましたが新緑がとても美しい。(Topの写真)

最初に入ったのが小田野家。
tohoku051250

tohoku051256

次が川原田家
tohoku051257
どのお屋敷も建物もさることながら庭も本当に美しい。

再び通りに出ると
tohoku051258
しっとりと雨に濡れた新緑がとても瑞々しい。桜も綺麗でしょうが新緑も素晴らしい。

次が岩橋家
tohoku051261
ここはたそがれ清兵衛が撮影された場所。

tohoku051266
岩橋家にはこんな立派な桜の木がありました、樹齢数百年でしょうか?。

次は青柳家、ここは有料ですが見るものが一杯で時間がいくらあっても足りません。
tohoku051267
青々とした大きな蕗がそだつ庭。

tohoku051268
展示物の一つ古い農具、そのほかどの展示物も大変見ごたえがあります。

このお隣が石黒家なのですが、なぜか見逃してしまいました。

そして松本家
tohoku051269
他の武家屋敷とは違い小さな農家風の建物。

この後グランマートの一角にあるお土産やさんでお土産を買う。ここは2000以上買うと送料無料で自宅まで送ってくれる。しかも他で買ったお土産も一緒に入れてくれるので」とてもありがたい。

再び町を歩いてゆくと
tohoku051270
こんな石造りの家がありました。色々なものを売っているお店のようですが建物が本当に素晴らしい。

そして
tohoku051271
安藤醸造元。レンガ造りの建物で中も見学が出来ます。

tohoku051272
売店の横にあるロビーのようなところ。とてもレトロチック。
ここでは美味しいおしょうゆや漬物が沢山並んでいて思わず買いすぎてしまいます。

この後町を歩きホテルに戻り冷えた体を暖かいシャワーで温めて今夜の食事場所に向かいます。
食事場所は日辻屋さんと言う居酒屋さん。少し早いですが大丈夫でですかと電話で尋ねると、気持ちのよい応対とともにすぐ来ホテルまで迎えに来てくれました。

このお店とても良かったです。
行って見ると秋田名物のジュンサイの酢の物が出てきて、その後採れたての山菜が次から次へとテーブルに並びます。
その中でも生のこごみの味噌和えが美味しくとても印象に残りました。
またメニューにあった、生かすべのから揚げ、初体験だったので少々心配で怖いもの見たさ的な注文でしたが、これが美味しいのなんのって、心配していた臭みなど全く無くさっぱりとした白身で、骨も全て軟骨、残すものは一つも無く全て平らげお代わりまでしてしまいました。
食事を終えお勘定を済ませ(とてもリーズナブルな価格で感激)帰ろうとすると、ご主人自らホテルまで送ってくださいました。こんなことは初めて、とても嬉しかった。
またこのご主人福井県名産のへしこの大ファンだそうで嬉しさが倍になりました。日辻屋さん本当にお世話になりました。

ホテルに戻りシャワーを浴びるとすぐに深い深い眠りに・・・。    続く・・・・・。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。