スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛犬

nene12101801

我が家の愛犬ネネが10月18日その一生を終えた。15歳だった。
このネネが来た年の6月に以前からいた犬がフィラリアで命を落としたのだった。生まれてから暫く野良暮らしをしていたその犬は、うちに来た時からやせ細り時々咳をして臆病な性格の女の子だった。
その犬が僅か8年でこの世を去り送るときに、今度は丈夫な子に生まれ変わっておいでと言ったのだが、このネネは偶然にもその子の49日目に捨て犬を斡旋する所から我が家にやって来た。
本当に前の犬が生まれ変わってきたのではないかと思うくらい、今度はこんな性格でこんな犬がいいなと思っていた通りの犬だった。
性格は賢く温厚で一度として歯をむき出して怒ったことなどなく、家族は勿論近所の人々にも好かれる犬だった。
食事の時は何時もテーブルの周りにいて、欲しいものがある時はおもちゃのマイクを向けると、一生懸命それが欲しいと犬語でしゃべったり、遠くへ散歩に出かけ歩くのに疲れた時は止まっている車の後ろに座り、この車で帰るとダダをこねたり、そんな楽しい思い出をいっぱい作ってくれた犬だった。
しかし昨年くらいからだんだん言うことを聞かなくなり、いわゆる老人(犬)性のものかとそっとしておいたのだが、今年の5月28日の朝散歩中に雨が降ってきたので、小走りに家に戻る途中突然道路で倒れそれ以来歩くのも辛そうになった。そして数日前から餌を食べなくなり、だんだん様子がおかしくなってきた。それでも前日の17日の夜には大好きな牛肉を元気にもりもり食べたり、18日の朝の餌もちゃんと食べたのだった。そしてその日の夕方仕事中にかみさんからメールが入り、何かと見てみるとネネが亡くなったというメールだった。あわてて仕事を終え自宅に戻ると、彼女は何時ものところに静かに眠るように横たわっていた。聞くと昼ごろ寂しそうな声を上げたのでそれからずっと付いていたら夕方だんだん息苦しそうになりそれから暫くして眠るように息絶えたと言うことだった。最期は安らかだったと聞いて安心した。亡くなった時間が以前いた犬と同じ午後4時半というのも何かしら不思議な縁を感じた。
それからかみさんと二人で泣いた。近所の人が来てくれ子供たちが来てくれて一緒に話しをしたけれど、それでもまた泣いた。かみさんも僕も自分の親が亡くなったときも殆ど涙を流さなかったのに、今回ばかりはこらえきれずに泣いた。

話は戻り夕方かみさんからメールが入り、その急変に驚き暫くぼぉっとしていたのだが、ふと気が付き外に出てみるとそれは見事な一面の夕焼けだった。
nene12101802
こんな夕焼けは見た事が無かった。
まるで空がネネの最期を知り、赤く燃えて天国へ迎え入れてくれているようだった。

ぽっかりと穴の開いた心のままそんな夕日を眺めていた。

コメント

こんばんは。

動物は、言葉ではっきりと聞いてやれないだけに、辛そうな時などは本当にもどかしくて・・・辛いですよね。
私は中学校の時、受験勉強中の夜中に、愛犬の弱々しい呼び声に気付いて・・・朝方看取ったことを・・・あの時の消えそうな泣き声を、今でもはっきりと覚えています。
色々と思い出されます。
我が家の愛犬も捨て犬でした。やっぱ泣きましたよ。
寂しいですよね。

ネネちゃんは、良い御家族・家庭に恵まれて、幸せな一生であったと思います。^^

2012/10/19 (Fri) 23:04 | Fumi #- | URL | 編集

こんばんは
悲しいっすねぇ・・・ホントに

2012/10/20 (Sat) 00:02 | プチおやぢ #- | URL | 編集

Fumiさん。

有り難うございます。
僕はネネの呼び声を聞くことが出来なかったのですが、そんな声で鳴いた後もそそうをして申し訳なさそうにしているのを見て、かみさんはその健気さに愛おしくて仕方がなかったようです。
動物同士解るのか、その声を聞いて猫も二階から大急ぎで降りてきてネネのそばに座りじっと見守っていたそうです。
Fumiさんも犬を飼っておられたことがあるのですね。動物を送るときと言うのは気持ちをちゃんと解ってやれないのが、本当につらいです。
まだ暫くこの悲しみから立ち直れそうもありません。
やさしいコメント、本当に感謝しております。有り難うございます。

2012/10/20 (Sat) 12:22 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

プチおやぢさん。

初めまして。
本当に悲しいです。長く一緒にいてくれた分尚更悲しく寂しいです。
コメント嬉しかったです。有り難うございます。

2012/10/20 (Sat) 12:29 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

辛くても言葉で両親に伝えられなかった分だけ、
残された者の心は極めた悲しみに打ちひしがれるものだと思います
さぞお辛い事でしょう

でもネネちゃんは、きっとお父さん、お母さんに感謝してたと思いますよ

きっとフィラリアで亡くなった愛犬が今まで育ててくれた両親が
寂しがらないようにネネちゃんを使わせたんだと思います

天国でネネちゃんは今までお家の人を癒せることが出来ましたか?
と、尋ねたんでしょうが、A-FOCUSさんの涙で安心して
きっと天国へ昇った事でしょうね








2012/10/20 (Sat) 21:13 | RIN #- | URL | 編集

RINさん

おはようございます。そしてありがとうございます。
ネネは家に来てから殆ど病気らしい病気をせず健康で丈夫な犬でした。
それが昨年頃から少しずつ変化が現れて、老化かなって思っていたのですが。きっと色々辛いところがあったのにそれを伝えられなかったのでしょう。
それを思うと愛おしくて仕方がありません。

本当にネネはフィラリアでなくなった犬が戻ってきてくれたとみんなで信じていました。
みんなを癒し楽しい思い出を沢山作ってくれたネネには本当に感謝しています。
まだ暫くは立ち直れそうもありませんが、何とか頑張ります。

RINさん本当にありがとうございます。

2012/10/21 (Sun) 08:30 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

家族の一員だったんですね!やさしい気持ちが伝わります。安らかに天国へ行くと思います。

2012/10/22 (Mon) 03:47 | いなちゃん #- | URL | 編集

いなちゃん

お久しぶりです。
ネネのためにやさしいコメント有り難うございます。
最期安らかにこときれてくれたのが、せめてもの救いと慰めになっています。

2012/10/22 (Mon) 12:36 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

読んでいてつらくてしばらくコメントできませんでした・・・。

きっとネネちゃんもご両親の愛情をしっかりと受け取られて旅立ったことと思います・・・。

「体調悪い」とか「ここが痛い」とかモノ言わぬだけに、
なお愛おしいし、いじらしいですね。
我が家も命ある限りたくさん可愛がってやろうと再認識いたしました。

ネネちゃん、どうぞ安らかに・・・。

2012/10/24 (Wed) 12:20 | フレディ・M #- | URL | 編集

とても、悲しい日記でした。
15歳というと、人間の年齢で76歳ですか?

写真を拝見すると、とっても賢そうで穏やかそうなネネさんですね。
性格はご主人に似るともいわれています。
A-FOCUSさんに似てるんだろうなぁ。

僕も小さい時は、小動物ですが飼っていました。
人間より短い命で、何度も亡くなる悲しい場面を見て、決して飼うことはありません。
その悲しさがわかるだけに、僕も目頭が熱くなります。

大丈夫ですよ。
きっと、天国でA-FOCUSさんのことを見ています。
お気を落とさないでくださいね。

この日、僕もこの夕日を見ました。
ビルのある街中にいたもので、この夕日は撮れませんでした。
多分、A-FOCUSさんなら、撮ってるだろうなぁ~って思ってたんですよ。
今までにも見たことのないような、真っ赤な夕日…。
とても、悲しい色だったんですね。

2012/10/24 (Wed) 13:09 | hiro #- | URL | 編集

フレディ・Mさん

こんにちは、そして有り難うございます。
フレディ・Mさんのおうちにも可愛いわんちゃん達がおられましたね。
本当に動物というのは最期の時まで健気に自分のことを自分でしようとするので、看取ったかみさんも、見ていて愛おしくて仕方がなかったと言ってました。

> きっとネネちゃんもご両親の愛情をしっかりと受け取られて旅立ったことと思います・・・。

皆さんがそうおっしゃって下さるので、少し気が楽になっています。
家のネネも本当に皆さんに好かれて、そういう意味ではきっと幸せでいてくれただろうと思っています。

フレディ・Mさん、本当に有り難うございます。
優しいお言葉感謝いたします。

2012/10/25 (Thu) 12:28 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

hiroさん

こんにちは。
そういえばこの週の日曜日に武生へご一緒したとき、ネネの話しとhiroさんの小鳥の話しをしましたね。
その時はこんなに急にこの時が来るなんて夢にも思っていなかったです。
本当に飼い主の僕が言うのも何ですが、賢く可愛くとても気だてのよい犬だったんですよ。
つい最近まで怒ったことが全くありませんでした。最近からだが辛くてきっと痛いところだったのでしょう、そんな所を触ったとき少々怒るようになっていましたが・・・。
何度か犬の最期を見ていますが、今回は一緒にいた時間が一番長かったのでそれだけに一番辛いです。

この日の夕焼けは本当に不思議な夕焼けでした。
メールを見て驚いていたのですが、ふと外を見ると当たりが不思議な色に染まっていて、それからますます赤く染まり写真のような夕焼けになりました。
ネネが亡くなった直後の夕焼けだったので、空も悲しんでいてくれるのかなって勝手に思っていました。

hiroさん、励まして下さり本当に有り難うございます、
感謝いたします。

2012/10/25 (Thu) 12:38 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。