スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年は瀬戸大橋を渡り四国へ 其の二

uchiko01
1日明けて今日は6月23日。朝起きると何だか体調が良くない、昨日調子に乗って飲みすぎたか・・・。
それでもホテルで朝食を済ませ小雨の丸亀駅で待っていると、8000系の特急しおかぜ3号が入ってきた。この8000系、単線だけど意外に早く乗り心地も良い。

uchiko02
ちなみに洗面所には陶器のボウル。

これで松山まで行きその後は宇和海11号に乗り継ぎ。
松山駅に着いてしおかぜ号を降りると、同じホームに宇和海号が入ってきた。そしてこの車両はJR四国でも人気のあるアンパンマン列車。
uchiko03
上りの先頭がメロンパンナちゃん号。

uchiko04
下りの先頭がバイキンマン号。
やはり子供たちには大人気、着いた途端に記念撮影ラッシュ。

uchiko05
こりゃー子供たちにはたまりません。

uchiko06
そして指定席のシートはアンパンマンシート。

uchiko24
座席のテーブルを倒すとそこにはバイキンマン。

松山内子間は僅か25分で到着。
小雨がぱらつく中内子の散策に出発。
uchiko07
最初に着いたのが内子座
ここで記念撮影を済ませ歩いてゆくと、下芳我家に到着。
uchiko08
ここはカフェになっていたが、先に進んでゆく。

暫くするといよいよ伝統的建造物保存地区に入ってくる。
uchiko11
こんな通りを歩いてゆくと

uchiko09
こんな路地や

uchiko10
こんな路地

uchiko12
そしてこんな路地などが次々に現れて、いずれも小雨に濡れた風情がなんとも言えず良い。

そして内子に繁栄をもたらした本芳我家が見えてくる。
uchiko23
手前が木村家住宅、その奥の巨大な建物が本芳我家。重要文化財だがいずれも非公開。

uchiko13
本芳我家の住居の部分。

uchiko14
本芳我家は庭は公開されている。そこにあった巨大な楠木。

さらに歩いてゆき後ろを振り返ると。
uchiko15
保存された街並みの中にも人々の暮らしが見える。

uchiko16
そして上芳我家住宅。本芳我家筆頭分家で国の重要文化財、平成20年より改修が行われ平成23年より一般公開が始まった。早速入場料を払いガイドの方に説明をお願いする。

uchiko17
お店の隣にある座敷。

uchiko18
店舗の部分。
木蝋を精製する技術を発見し、僅か100年余りの間に巨万の富を造りだした芳我一族。そしてこの上芳我家は現在のお金にして数百億円という費用をかけて建造されたとの事。
その一つ一つが現在では全く不可能であろうと言うほど見事な部材ばかり、けれど豪華絢爛と言うよりは質実剛健と言ったほうがぴったりと来る一見質素とも見える品格のある見事な建造物である。

uchiko19
奥座敷。

uchiko20
浴室の入り口。

uchiko21
炊事場。

uchiko22
炊事場。

この上芳我家を見学するには最低でも半日は必要だろう。今回はそんなことは思ってもいなかったので1時間程度しか滞在できなかったのがまことに残念。機会があったらまた是非訪れて見たい町であった。
小雨模様の中散策した内子町だったが、この町は晴れてよいお天気よりしっとりとしたこんな日が似合っているように思えた。内子町、福井からはとても遠いけれどまた何時の日か訪れる機会が着てくれることを願わずにはいられ無かった。

内子の散策を終え今日の宿泊地八幡浜へ向かう。八幡浜までは特急で20分、あっという間に到着し今日のホテルスーパーホテル八幡浜へと歩き出す。途中ドラッグストアーを見つけビオフェルミンを購入。朝からの体調が思うように戻らないまま八幡浜の夜へと向かった。

コメント

しかし、松山もとても古いお屋敷が沢山ありますね。
A-FOCUSさん得意の、狭い道散策。(笑)

でも、素敵な路地ですよ。
路地って、もっと薄暗いイメージがあるんですが、こうして石畳がひいてあり素敵ですね。
その、雨に濡れた路地の写真が、とても良い味を出しております。

2013/07/05 (Fri) 20:33 | hiro #- | URL | 編集

追伸

あはは、いやいや、アンパンマンに笑っちゃいました。
まさか、座席のシートにまでとは。(瀑)

2013/07/05 (Fri) 20:44 | hiro #- | URL | 編集

東京の京急電鉄と相模鉄道ではアンパンマン列車を走らせず、代わりに京急と相鉄では美少女戦士セーラームーン、京急ではフレッシュ・ハートキャッチ・スイート・スマイル・ドキドキ・ハピネスチャージの各プリキュアの描かれた電車を走らせるそうで、該当する編成の車内には京急・相鉄の場合はセーラームーンシート、京急の場合はプリキュアシートが設置されるそうです(大阪の京阪と山梨の富士急との間での機関車のトーマスのラッピングの対決はあるが、アンパンマンの対決は無い。1994年と1995年に京王帝都電鉄(現・京王電鉄)で8000系や今は無き6000系を使ってセーラームーンエクスプレスを走らせていたが、京急と相鉄がアンパンマン列車を走らせる予定はない)。
理由として、東日本大震災の影響やアンパンマンの作者のやなせたかしさんがなくなられたとかでアンパンマンの人気が減少していることと、京急は大部分の区間で海の近くを走っており、アンパンマンのアニメで「顔がぬれて力が」というシーンがかつて横須賀市内で脱線事故に遭遇し、その後廃車されてしまった京急1500形電車やかつて相鉄湘南台駅で作業用の車両との衝突事故に遭遇し、その後廃車されてしまった相鉄8000系電車をそれぞれ連想させて不吉・不適切なことと、相鉄沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーン、京急沿線にはアンパンマンがきらいでセーラームーンやプリキュアが好きな人が多いためです。

2014/10/23 (Thu) 19:30 | まいんど #Otkf4gVw | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。