スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

空前絶後の岡倉天心展

13112302


今日は福井県立美術館で開催されている「空前絶後の岡倉天心展」に行ってきた。
何しろ混雑するところが嫌なので、かみさんと二人開館10分前に自宅を出発し開館と同時に入場。
今回の展覧会は、岡倉天心の生誕150年と没後100年を記念して企画開催された物。
福井藩縁の岡倉天心ゆえ、そのルーツから始まり狩野芳崖、橋本雅邦、横山大観、菱田春草、河合玉堂、山田鬼斎等々の作品が日本全国はいうに及ばず海外からも提供され素晴らしい展覧会になっている。
展示総数200点あまり、その一つ一つがどれも目を奪う作品ばかり。流れに沿って見ていたつもりでも気がつくと2時間あまり経っていた。また本物とは凄いものでそれを鑑賞するにも知らず知らずのうちにものすごいエネルギーを使っているようで、自宅に戻り遅い昼食を済ませた後あまりの疲労感に2時間ほど熟睡してしまった。
この様な凄い展覧会はもう開かれることはないかもしれない。来週末までの開催なので出来ればもう一度見に行きたい。

熟睡から覚めた後久しぶりの好天なので以前から気になっていた夕日が美しそうな場所へカメラを持って出かける。自宅から15分ほどで着くその場所は九頭竜川の下流、川幅も広くいつか夕暮れを撮ってみたい場所だった。
到着すると日が沈むまで30分ほど時間がありそうなのでゆっくりと撮影場所を探す。

13112301
今日は雲の具合もとても良く期待が持てそう。

暫くすると日が沈み始めその模様が水面に映りとても綺麗。(Topの写真)


13112303
日が沈んでからも空の雲が水面に映りまるで湖のように見える。


13112304
暮れ行く空にジェット機が白い尾を吐きながら飛んでゆく。


ほんの短い間だったが晩秋の夕暮れを楽しむことが出来た。
撮影を終わり近くの畑から野良仕事を終えて歩いてきたおばさんと少しだけ言葉を交わし自宅へと車を向けた。

本日の撮影データ
カメラ
Sony NEX-5

レンズ
Distagon T* 18mm F4.0
撮影モード
絞り優先
測光モード
中央部重点平均測光

現像ソフト
SILKYPIX Developer Studio Pro5
RAWデータを現像

コメント

岡倉天心展、ウチの妻も行きたいって言っています。^^
作家本人・その作品をテーマとした展覧会ではなくて、プロデューサー?的な活躍に目を向けて評価を再認識させるとは、知らない事も多くて、なるほどなぁ~と感心させられる事しきりです。先日教えて頂いた岡島辰五郎しかり、近代福井所縁の先人には素敵な誇るべき才能があふれていたんですねぇ。^^
ありゃ!次の週末までですか!時間作らなきゃです(^^;)
情報ありがとうございます。

2013/11/26 (Tue) 00:03 | Fumi #- | URL | 編集

Fimiさん、こんばんは。

空前絶後の岡倉天心展、こんなチャンスは中々無いと思いますので是非お出かけ下さい。見に行っただけのことはきっとあると思いますよ。
その展示されている作品群は勿論ですが、岡倉天心の書いた書簡の美しさも心に残るものでした。
また驚くことに、岡倉天心を陥れようとする怪文書などもあり、それには岡倉天心は遺伝性の精神疾患云々と言うことが書いてあり、何時の世も頂点に立つと権力闘争に巻き込まれるのだとつくづく思いました。
本当に素晴らしい展覧会なので是非是非お出かけ下さい。

2013/11/26 (Tue) 20:13 | A-FOCUS #zHAUYs2U | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。