スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小雨の千古の家

senko14110218

しっとりとした秋の風景が見たくて千古の家に行った。
小雨模様だったが着いた頃には雨も上がっていたが、茅葺の屋根からは少しせわしなく
雫が滴り落ちていた。

senko14110216
ここは源三位頼政の後裔といわれている北面の武士で坪川家の先祖坪川但馬丞貞純が
約700年前にこの地に移り住んだ。その後その末裔が変わらずこの家を守り続け、今でも
管理しているようだ。現存の住宅の建てられた時期ははっきりしないが、おそらく江戸時代
との事。

senko14110215
苔も雨に濡れて美しい。

senko14110217
葉が散り残った柿の実と茅葺屋根の千古の家が良く似合う。

senko14110219
庭にあるモミジも少し色付き始めていたが、見頃は今月末頃との事。

senko14110220
散策を終え門を出て振り返ってみると、そこからの景色もまた美しかった。

この後帰り道にある酒蔵によって、出来たての生原酒を買いおりしも降り出した土砂降りの雨の中を
家路についた。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。