スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

千古の家再び

senko14112401

11月の終わり前回訪れた時にご当主から紅葉の見頃は月末頃と聞いていたので
頃合を見て出かけてみた。
おりしも茅葺屋根の母屋は冬支度が始まり、庭のモミジは今年最後の美しさを放ち
見事な眺めだった。

senko14112402
ワクワクしながら母屋の中に入ると囲炉裏には赤々と火が入り初冬の雰囲気だった。

senko14112401b
庭はモミジが真っ赤に燃え下のツツジの葉は冬色に向かっていた。

senko14112403
水車小屋の上は真っ赤に燃えたモミジ。

senko14112404
まさにモミジ燃ゆとはこの様な事を言うのだろうか。

一通り撮影を終わり門を出て庭を振り返ると
senko14112406
こちらもまた見事な眺めだった。

この千古の家も今頃はもうすっかり雪に埋もれていることだろう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。