スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

20年もののフィロデンドロンセローム

フィロデンドロン

我が家には幾つかのインドアプランツ(観葉植物)があります。
でもそのどれもがすべて20年もの、つまり我が家に来てから20年以上経ったものばかりです。
今日の植物はフィロデンドロンセローム、お店では人手かずらという名前で売られています。
これを買ったのは今の会社に入った頃、つまり約23年前になります。
買った頃は可愛い鉢に植わっていて、少し根上状態だったのでそれが珍しくて買いました。
最初の数年は植え替えもしなかったのでその素性を見せることなくおとなしくしていたのですが
一度大きめの鉢に植え替えてからは、年と共にみるみる大きく育ち最初根上部分が10センチ
程だったのが、今では根上部分(葉っぱのない部分)だけで1メートルを超えてしまいました。
こんなに寒くなっても部屋の中で青々としていてくれるのはとても嬉しいのですが、でもこのまま
育ってゆくとそううち部屋に入らなくなってしまう。かと言って根を切ってしまうのも可哀想だし
これがどんどん育っても大丈夫な高い吹き抜けのある家を建てなくてはならなくなるかも。
でもそんなお金ないしな~、やっぱり来年は少し短くしてやらなければならないのかな~。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。